文化芸術の花咲いわたり 美ら島おきなわ文化祭2022 第37回国民文化祭・第22回全国障害者芸術・文化祭
文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

美ら島おきなわ
文化祭2022について

美ら島おきなわ文化祭について イメージ画像
       
沖縄は、これまで国内外の様々な地域との交流の経験なども踏まえ、亜熱帯の海に囲まれた美しい島々に、独特の文化を育んできました。

沖縄の文化は、県民の生活に深く根ざしたもので、繰り返されてきた世変わりや沖縄戦などの危機を乗り越え、新しい感性の彩りを加えながら、絶えることなく受け継がれてきました。

沖縄県は、令和4年に日本復帰50周年を迎えます。この節目の年に、沖縄で初開催となる第37回国民文化祭、2回目の開催となる第22回全国障害者芸術・文化祭を、統一名称 「美ら島おきなわ文化祭 2022」として開催し、沖縄文化の魅力を県内外に発信していきます。

基本方針

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭を沖縄県において開催するにあたって、次の基本方針のもと、開催に向けた取組を進めます。

  • 方針

    かかわる

    文化芸術の振興に当たっては、障害のある人もない人も、県民一人一人が文化芸術の担い手であることを認識し、文化芸術の鑑賞や創造など、文化芸術活動に参加できる環境づくりを行います。

  • 方針

    ひろげる

    沖縄は、大小160の島々が点在する全国でも有数の島しょ県です。特に離島地域は、島々で異なる個性豊かな自然環境や文化等の魅力を有しています。こうした離島を含めた島々の多様性が沖縄県の文化芸術の特徴であり、多様な文化芸術が共存することが、文化芸術の幅を広げ、厚みを加えるものであることから、多様性を尊重します。

  • 方針

    つなぐ

    沖縄県はアジア諸国との交流を通じて、平和を愛する守禮之国として独自の文化を形成してきた歴史的経緯があり、この歴史と風土に培われてきた独特の文化芸術を県民共通の財産として将来へと継承します。

  • 方針

    つたえる

    琉球、沖縄が歩んできた歴史文化の象徴として、また沖縄県民のアイデンティティーの拠り所である首里城の焼失により、改めてその価値が認識された琉球文化のルネサンスを興し、将来にわたりその価値を高め、ウチナーンチュが誇れる琉球文化を国内外に発信します。

キャッチフレーズ

「文化芸術の花 咲いわたり」

おもろそうしの一節に『明けもどろの花の 咲い渡り』という言葉が登場します。明け方の空のような色合いの花が咲き広がり世界を染め上げて行くさまという意味があります。沖縄の文化芸術が花開き世界に知れ渡り、多くの人がその美しさに感動してほしいという意味が込められています。

会期

令和4年10月22日(土)~11月27日(日)

主催者

文化庁、厚生労働省、沖縄県、市町村、第37回国民文化祭 第22回全国障害者芸術・文化祭沖縄県実行委員会、文化関係団体等

国民文化祭、
全国障害者芸術・文化祭とは?

国民文化祭とは

国民文化祭は、観光、まちづくり、国際交流、福祉、教育、産業その他の各関連分野における施策と有機的に連携しつつ、地域の文化資源等の特色を生かした文化の祭典であり、伝統芸能や文学、音楽、美術などの各種芸術、食文化などの生活文化等の活動を全国規模で発表、共演、交流する場を提供するとともに、文化により生み出される様々な価値を文化の継承、発展及び創造に活用し、一層の芸術文化の振興に寄与するものです。

シンボルマーク イメージ画像

シンボルマーク

文化は人間の知恵であり、秩序ある生活との結合であります。限りなく広がる文化へのあこがれを、歓喜の人形(かた)の構成でイメージしたデザインです。日本古来の古代紫を基調に、明るさを加えて、新しい未来色のイメージにした色彩計画です。
福田繁雄(グラフィックデザイナー)

全国障害者芸術・文化祭とは

全国障害者芸術・文化祭は、障がい者の芸術及び文化活動への参加を通して、障がい者本人の生きがいや自信を創出し、障がい者の自立と社会参加を促進するとともに、障がいに対する国民及び県民の理解と認識を深めるため、全国持ち回りで開催しているものです。