文化芸術の花咲いわたり 美ら島おきなわ文化祭2022 第37回国民文化祭・第22回全国障害者芸術・文化祭
文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

お知らせ

【宮古島市】県内の41全市町村巡回!大会旗リレーセレモニーを実施しました

 

 

(写真:左から、大兼のぞみさん、マハエちゃん、座喜味市長、山川事務局次長、みーや)

 

 

 

 

令和4年2月14日(月)、国民文化祭の大会旗を県内全41市町村で巡回していく「美ら島おきなわ文化祭2022」大会旗リレーセレモニーを実施しました。

 

 

 

 

 

(写真:大兼のぞみさん)

 

 

 

キャラバン隊として、今回は大兼のぞみさんにセレモニーを盛り上げていただきました♪

 

 

 

 

 

 

(写真:池間大橋)

 

 

 

今回訪れたのは 宮古島市です♪

 

 

宮古島市は沖縄本島から南西に約300kmの場所にあり、大小6つの島(宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島)で構成されています。

半島、湾入、砂浜など変化に富んだすぐれた自然景観に恵まれ、更にクイチャー、宮古上布をはじめとした民俗芸能、伝統織物等、独特で豊富な文化的資源に溢れた地域です。

 

 

 

 

(写真:大会旗引き渡しの様子)

 

 

 

 

宮古島市イメージキャラクターの「みーや」にも立ち会ってもらい、美ら島おきなわ文化祭2022特別広報大使の「花笠マハエ」ちゃんから宮古島市長の座喜味一幸市長へと大会旗が手渡されました。

 

 

 

 

 

(写真:左から 宮古島市教育委員会生涯学習振興課職員、みーや、大城裕子教育長、大兼のぞみさん)

 

 

 

 

宮古島市では、大会期間中に「詩(ことば)の祭典」や、「宮古島市民総合文化祭」など、独自の文化イベントを開催する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会旗は、2月14日(月)~2月18日(金)までの期間、宮古島市役所庁舎1Fの玄関前ロビーに展示しております。お立ち寄りの際は気軽に記念撮影してくださいね♪

2月21日(月)には多良間村へと引き継がれます。